奥山に86をチューンナップしてもらって・・

ターンパイクで試験走行をしているカナタとオガタ。

 


スポンサーリンク


 

広い駐車場で一休み中。

カナタの運転する86の助手席が怖かったと言ってオガタが泣いている。

カナタがコーナーでブレーキを踏まないから・・

 

カナタはヒルクライムでのコーナーではなるべくブレーキは踏まないと言う。

エントリーからアペックスに向かって自然に車速は落ちるので。

 

カナタは、それでも今日はシェイクダウンなので80パーセントくらいで走ったという・・

 

驚くオガタ。

 

カナタはアシノコのコースを走りたいという。

目と鼻の先だし・・

 

しかしルールで、公式予選が始まるまでは誰も走る事は出来ない。

 

これが常連有利と言われる理由。

 

限界域での車の挙動をチェックするために、カナタは1人で86に乗り込む。

86が走り出すと、青い車がついて行くのをオガタは嫌な予感と共に見ていた。

 

MFG49話青い車

 

86の劇的な変化に、カナタは驚いていた。

パワーユニットには手を加えていないはずだが、前よりパワーが出ているし・・

フットワークが素晴らしい。

メカニカルグリップが上がり、ショックアブソーバーが絶妙な動きをする。

ドッグファイトになった時に頼もしい・・

 

ブレーキが特にいい。

   


スポンサーリンク





剛性感のあるタッチで、レーシングカーに近い仕上がり。

カナタの好みのフィーリング。

これなら思う存分暴れられると感じるカナタ。

 

その時、右カーブでインから強引にパッシングをかけてきた車があった!

後をつけていた青い車だ!!

 

MFG49話

 

カナタは一瞬カッとなるが、すぐにクールダウンする。

走行中に感情的になるなと師である拓海に言われていたのだ。

 

86の進化に嬉しくなってバックミラーを確認していなかったのはカナタの油断だった。

カーナンバー4という事は、前年度のランキング4位。

さすがに速い!

 

4号車のドライバーはご存知沢渡光輝!

カナタのことは知っている模様。

 

MFG49話沢渡光輝
 

 

感想

 

奥山の言葉に嘘はなかったですね・・

足回りだけで速い車に仕上げてくれました。

しかもカナタの好みもわかっていた。

これは拓海の教え子だから分かるところもあったのでしょうか。

奥山を紹介してくれた相葉瞬に仮が出来ました。

 

女子高生の彼女がいる沢渡。

絶対恋に目をつけるでしょうね。

恋は相手にしないでしょうが。

 


スポンサーリンク