前回の内容は・・・

 

絶好調の檜に2ストライク1ボールと追い込まれた万年。

しかし自信満々。

1球あれば十分。

160キロの直球下さい。

と、楠を挑発する。

 


スポンサーリンク


 

楠が檜に要求したのは万年が苦手とする左からの内角高め。

檜も最高の球で応えた!

しかし万年は肘を極端に抜く変則打法で芯を捉えた!!

 

 

180話あらすじ

 

 

万年の打球は場外へ!!

万年吼える!!

 

バトルスタディーズ180話万年

 

唐松曰く、万年がこれだけ吼えるのは珍しい事らしい。

長い付き合いの笛吹も、あんなケダモノのような万年は見たことがないと言う。

 

DLの雰囲気が一気に暗くなった。

ベンチの藤巻が焦る。

やっと精神的にも成長しようとしている檜を潰してしまう一発だった。

最低でもあと一回万年に回る・・

 

天津はシビアな目で檜を見る。

このまま沈むか立ち上がるか・・・

どっちや、檜・・

 

マウンド上の檜は内野陣に問題を出す。

DLに来て自分が一番成長したことは何でしょうか。

 

答えは洗濯だと言う。

入学間もない頃は嫌で嫌で仕方がなかったが、いつしかその日の自分を映す鏡になった。

ユニフォームと一緒に心も洗う。

洗濯から学んだこと。

   


スポンサーリンク





それは汚れたらすぐにに洗うという事。

そうすればきれいに落ちる。

七汚八洗

 

バトルスタディーズ180話檜

 

狩野がツッコむ。

それは赤箱、牛乳石鹸の差し金か!?

 

良い茶番だった。

DLの雰囲気が一気に晴れた!!

 

檜は自分の力不足。

切り替えて投げるのでよろしくお願いしますと言ってみんなに頭を下げた。

 

天津は、育ったら育ったで腹立つと嬉しそう。

藤巻は目をぱちくり。

 

檜は最高に野球を楽しんでいる。

悶絶する程の苦みも辛みも極上のうまみに変えてみせると気を吐く!!

 

バトルスタディーズ180話檜

 

 

後続をピシャリと抑えた檜。

快苑が守りに着く。

万年の顔は再び厳しいものに。

檜に春の脆さはもうない。

 

感想

 

檜がここまで成長していたとは・・・

正直驚きました。

出来の悪い小学生みたいだったのに・・

立派な大人になりました。

ホント、よその子の成長は早い!

  


スポンサーリンク