授業の休み時間、ハマジはスマホで萩原の写真を見ながらため息をついていた。

 


スポンサーリンク


 

もうすぐインターハイ。

先輩達の最後の大会。

萩原が引退する前に告白したいと考えているハマジ。

 

ここでいつもの妄想タイム。

ハマジが萩原に告白する

先輩が好きです!!

オレと付き合って下さい。

 

ハンツートラッシュ182話ハマジと萩原

 

萩原は感激の涙を流す・・・

「はい。」

ここで妄想終了・・・

妄想だけで汗をかいている。

 

そんなハマジを速水が遠くから見ていた。

速水と目が合った。

速水は慌てて美術室に向かう。

 

部活では中島達が新しい必殺技を考えていた。

堀口は海パン下ろしがあるだろうと鼻をほじりながら言うが、

中島はもう一つ、自分たち3年の最後を飾るにふさわしい世紀末最終奥義を考えたいという。

真正面からぶつかって勝てる可能性はゼロなのでおのずと思考はそっちの方向に行く。

 

ハマジが必殺技なら俺のハンツー・・・

と言いかけるが、誰も聞いてくれない。

 

真剣に考えいる中島達にハマジは正面から戦いましょうと提言。

しかしこれは余計なことだった。

ハマジは正面から実験台にされてしまう!!

男子部員にプールに放り込まれ囲まれる!!

ハマジは何をされているのか

そこだけはやめてえええ

それ以上は

あっ

と変な声を上げる。

 

近くで練習している女子が集中できない・・・

すると美好先生に集中しろと怒られる。

 

女子の練習は気合が入っている!!

萩原が相手のボールを奪い、強力なシュート!!

決まった!!

 

ハマジは中島達に海パンを脱がされて何かをされた模様。

中島、堀口は手ごたえがあったといってほくそ笑んでいる。

 

再び萩原のシュート!!

 

   


スポンサーリンク





ハンツートラッシュ182話萩原のシュート

 

高速シュートが決まった!!

ハマジも見てた!!

「先輩!

今のすごいっス!!」

と声をかける。

 

しかし萩原は

今集中しているからごめん

と言って練習を継続!!

 

ハマジ
「あ・・すいません・・」

 

ハマジは水球に集中している萩原を見つめている・・

 

練習が終わって着替えて帰っているハマジ。

校門の所で速水と美術部の部長が話しているのを目撃!!

 

身を隠すようにして近づく。

 

すると部長だけ先に帰ってしまった!

速水に声をかけるべきか素通りするべきか悩むハマジ。

 

すると速水がハマジに気づいた!

 

ハマジはさらっと挨拶だけして通り過ぎようとするが、速水が久しぶりに一緒に帰ろうと言ってきた!!

 

いつもの川の土手を歩いて帰る二人。

よく座って話した階段の所に来た。

 

懐かしいのでハマジがまた座ってみようかというと、

速水も一旦は同意するが、やっぱりやめておくという。

 

ハマジが美術部のモデルの方はどう?

と振ると、

速水は少し赤らんで、

さっき部長さんに告白されちゃった

と話した。

そして正式に美術部にも入部し欲しいとも言われたらしい。

 

ハンツートラッシュ182話ハマジと速水

  

感想

 

さてさてさーて。

これはどういう事でしょう。

告白されたことをハマジに言うとは。

ハマジからの何らかのアクションを期待しているという事ですね。

それはダメ!

とか、もう一回付きあってくれ

とか。

でなきゃ一緒に帰ろうなどと言わないだろうし、告白されたことなど言わない!

 

でもすでにハマジの気持ちは萩原に行っている!

何とももどかしい展開。

ハマジの反応が気になりますが、次回はさ再々来週だそうです・・

 


スポンサーリンク