青函 VS 桜高

現在2-2の同点。

 

後半30分を過ぎる頃、樋口の脳裏では徐々に暗い想像がふくらんでいた。

 


スポンサーリンク


 

亀山というドリブラーが入ったことで、成神だけ見ていればいいという状況ではなくなった。

桜高の士気は高く、流れは変わらない。

攻められ続けた青函の疲労は限界に達しつつあった。

雪と寒さがさらに体力を奪う。

自分たちが勝つ確率は限りなく低いと、考え始める樋口。

 

樋口が平の顔をチラッと見る。

何かを決意した顔。

 
 
 

桜高が押し込む試合展開の中、後半32分・・

成神にボールが渡る。

しかし成神はまだスパイクを履けていなかった。

手にスパイクを持ったままトラップする成神。

青函のヒロシが成神に行こうとするのを亀山がブロック!!

成神がドリブルで上がる!!

止めようとする平のことも・・

 

デイズ273話平と成神

 

一瞬で抜いた!!

これはレガテ!!

 

狭いところを縫うようにしてドリブルで上がっていく成神!!

抜く抜く!

 

はだしのままゴール前へ!!

このピッチコンディションで考えられない!!

ゴールキーパーが出てる!!

成神はキーパーも抜いた!!

しかし角度がない!

 

デイズ273話成神

 

シュートはポスト直撃!

だがまだゴール前!!

こぼれ球を樋口が拾う!

ベンチはクリアーだと叫ぶが、樋口は平にパス!!

   


スポンサーリンク





(俺たちには、お前がいる!)

 

平に渡った!!

だがまだ青函のエリア内!

パスか?

クリアーか!?

キープか!?

 

しかし平は

 

デイズ273話平

 

亀山をかわしてドリブルで上がる!!

みんな驚く!

そういうタイプじゃないから!

 

鳥飼が平の足元にスライディング!

中野「ドリブルスピードが遅い」

加藤は違うという。

 

平、鳥飼を弾き飛ばした!!

わざと寄せさせたのだった!!

 

平、ギアを上げて聖蹟ゴールへ向かう!!

速い!!

 

加藤曰く、

1年の時の平は自ら仕掛けるテクニカルなドリブラーだったらしい・・

 

ドリブルには2種類あって、

相手を抜き去るのは レガテ

ボールを運んで仲間を生かすのは コンドゥクシオン

元々レガテが得意だった平はチームを勝たせるために後者を身につけたのだった。

 

そして平は血を吐くような肉体改造をして現在のゴリラのような体幹を身につけたのだった。

 

恐れいる、平源一郎。

 

青函の監督も昔の平を見ているようだとつぶやく。

 

平は最後の一人もあっさり抜いた!

 

平のドリブルを見て鳥飼は理解した。

この試合だけは、自分で点を取って決めるという平の不退転の決意を・・・

 

感想

 

実は情に厚い平源一郎。

自らのプレースタイルを変えてまでチームを勝たせようとしたんですね。

そういう姿勢だから仲間から監督からも信頼される。

素晴らしい。

加藤とはまた違う・・・

いや、根本は同じかもしれない、素晴らしいキャプテンシー。

チームプレーの競技は人間を成長させますね・・・

 


スポンサーリンク