23話 キャプテン・ウソップ登場

 

ナミは船の装備のなさ、船員の頭数のなさを懸念する。

このままグランドラインに入るのはあまりに無謀。

船と仲間を得るために近くの島に寄ることにする。

 


スポンサーリンク


 

そこにはキャプテンウソップという嘘つきの若者がいた。

ウソップと仲良くなり、一緒に食事をしていると

ウソップから近くに船を持っていそうな少女がいるという情報をもらった。

 

大富豪の両親を1年前に病気で失ったという少女の名前はカヤ。

 

 

24話 偽れぬもの

 

ウソップは病弱なカヤを元気づけるために今日もほら話をしに行く。

ルフィたちもそのカヤの所に船を譲ってもらいに行く。

しかし執事のクラハードールに帰れと言われてしまう。

 

ウソップとクラハードールの話からウソップは海賊の息子だということが判明。

ウソップはその父親を尊敬している模様。

 

 

25話 ウソ800

 

村に催眠術師・ジャンゴが来た。

メチャクチャ怪しい・・・

 

   


スポンサーリンク





ルフィはウソップの父親と小さい頃に会っていた。

彼はシャンクスの船に乗っていたのだ。

とても優しくて、射撃の腕がいい海賊だった。

それをウソップに話すととても喜んだ。

 

ジャンゴとクラハドールが話しているところを

ルフィとウソップはたまたま見てしまう。

二人はお嬢様あんさつ計画を立てていた・・

 

 

26話 キャプテン・クロの一計

 

クラハドールは実はキャプテン・クロという海賊。

3年前に海軍に処刑されたと言われていたが、

実は生きていた。

 

クロとジャンゴはカヤを事故に見せかけてころし、

遺産を頂く算段を立てていたのだ。

遺産を相続した後は村を仲間に襲わせるために

沖に待機させてある。

 

それを聞いたルフィは立ち上がってお嬢様をころすなと叫んでしまう。

そしてジャンゴの催眠術で眠らされてしまう。

眠った拍子に崖から落ちたのでジャンゴたちはルフィはしんだと勘違いする。

 

ウソップは海賊が襲いに来ると村の皆に警告するが

嘘つきの言う事は誰も信じない。

 


スポンサーリンク