前回(496話)の内容は・・・

対UAE戦。

前半 0-0

 


スポンサーリンク


 

花森からパスをもらってビッグチャンスの椿!

ブラン監督も言っていた、ギリギリの勝負での大好機!!

接待に逃せない!

岩淵がDFを引き付けてくれて・・・

椿は桐生にセンタリング!

桐生のヘディングシュートはクロスバー!!

まだある!

椿収めて花森にパス!

花森のシュートはキーパー正面!

キーパーが弾いたボールはDFがクリア!

 

クリアしたボールをUAEがつなぐ!

日本、ゴール前で相手FWをフリーにしてしまった!

城島がファールして止めた!

UAEのフリーキックはゴール正面左。

日本ピンチ!

蹴るのは勿論エース・イスマイール!!

 

イスマイールはここで決めてUAEの名を知らしめるつもり!!

日本のキーパー・星野はイスマイールは直接狙ってくると読んだ!

 

ジャイアントキリング497 イスマイール
ジャイアントキリング497 イスマイール

 

星野の予想通り、イスマイールは壁の上を越えて直接狙ってきた!

ゴールの右上隅!

星野は飛びつく!

しかし星野の指先がボールに触れただけ!

 

決まった!!

 

アジアカップ準々決勝

先制点はUAE!

日本の今大会連続無失点記録を打ち砕いたのは・・

UAEの至宝 イスマイール!!!

 

497話では・・・

イスマイールの出自が詳しく描かれるのかなと思います。

496話でUAEの知り合いに

「サッカーは見るものだよイスマイール。」

「この国の気候は外でスポーツをやるには適していない。」

などと言われてしまう場面がありました。

その知り合いの人物が割と裕福そうなので、イスマイールももしかしたら裕福な家庭で育ったのかもしれません。

 

そもそもUAEに貧乏は人なんているのかなとも思いますが・・・

ちょっと調べたところだと貧富の差はあるようだけど、そこそこの金持ちも多そうです。

多分イスマイールはそこそこか、大金持ちの家で育ったというのが僕の予想です。

 

日本は巻き返せるのか。

 

そんな事より、日本が果たして巻き返せるのかというところですが・・・

序盤、べた引きで守っていたUAEの形を崩すことに日本は一度は成功しています。

その時はUAEが攻め上がっているときに

城島が相手のパスをカットしたことが起点となりました。

もしかしたらUAEは守備は整備されていて隙が無いけど、

攻撃の時に隙が出来るのかもしれません。

パスワークがいまいちとか。

   


スポンサーリンク





そこら辺から日本はまたチャンスを作り出せるのではないでしょうか。

 

いずれにしても日本がUAEに負けることはないと思います。

イスマイール対策として起用された古谷がこのまま引き下がるとも思えませんし。

必ずや、古谷が起点となってビッグチャンスが再び来ると思います。

そこで今度こそ決めて欲しいですね・・

ジャイアントキリング ネタバレ 497話

 

前半ももう終盤、

志村から左サイドの城島にパスが渡る!

城島はセンタリング!

花森が頭で合わせる!

しかし相手のDFが強い!

こぼれたところに椿!!

 

ピピピッ

 

その前にオフェンスチャージの判定!

そしてここで・・

前半終了のホイッスル!!

開催国UAEが前回王者の日本に対して1点リードで折り返す波乱の展開!!

 

オフェンスチャージを取られた花森は起き上がれない。

 

記者たちが話す。

前半の日本は精彩を欠いた。

その大きな理由はこの暑さによるスタミナの消耗。

みんな後半の終盤のようなバテ具合。

日本が予選を戦ったアルアインとは気候が全く違う・・

対して、UAEは開催国である上に、ここまでの試合も全てアブダビで行われて理宇。

環境面での経験値が全く違う。

 

しかしそれ以上にUAEのこの試合に懸ける意気込みがすごい。

 

UAEの控室。

マチューはこのまま行けば勝てると言っているが、イスマイールが異議を唱える。

日本は間違いなく後半ギアを上げてくる。

俺たちは後半の日本の反撃に耐えられるのか。

 

マチューはブランについて話す。

ブランは攻撃的なチームを作り、下位クラブを上位クラブに押し上げて来た実績はあるが・・・

ヨーロッパのクラブでタイトルを獲得することはなかった。

つまり、勝負強いチームを作れない。

 

「つけ込む隙は必ずある。」

というマチュー。

 

日本の控室では・・・

ブランは慌ててはいなかった。

 

ブランが話す。

修正ポイントはそれぞれがわかっているだろう。

実際、30分過ぎからはサイドも使えてチームが機能してきている。

今の流れは悪くない。

ただ、このコンディションでは、

早めにスコアを動かさないと戦いはどんどん厳しくなる。

 

 

ブランはここで八谷投入を告げる。

 

ブラン
「さぁ

試合前に言ったことを思い出してくれよ。

のらりくらりと動いてたって、いざって時に鋭く獲物に飛びかかるのが百獣の王だろう?

君たちが王者であるならば、必ず獲物を仕留めてくるんだ!」

 


スポンサーリンク