763話 人間宣言

 

現在も

ドフラミンゴは子供の頃、人間に磔にされた夢を見る。

天竜人がしている非人道的な行いの恨みを晴らされたのだ。

そして汗だくになって目が覚める。

 


スポンサーリンク


 

33年前、ドフラミンゴの父、ホーミング聖は神の地位を捨てて人間になった。

一家四人が移り住んだのは、北の果ての世界政府非加盟国。

ここで家族でつつましく暮らすつもりだった。

しかし父親の考えは甘かった。

元天竜人というだけで地元民から迫害される。

父親は子供と妻だけでもマリージョアへ帰らせてくれと世界政府に頼み込んでも答えはNOだった。

 

そしてドフラミンゴの母親はしんだ。

ドフラミンゴの一家は捕まった。

 

10歳のローに刺されたコラソンはなぜかローをかばった。

ローはドンキホーテファミリーに加わった。

優秀なローは学問、格闘もどんどん吸収していった。

ローは自分の本名をあかす。

トラファルガー・D・ワーテル・ロー

このことを知ったコラソンは

「隠し名 ”D” が本当ならお前はあいつと一緒にいちゃあいけねえ人間だ!」

と険しい表情でローに言うのだった。

 

764話 ホワイトモンスター

 

コラソンが喋れることに驚いたロー。

実はコラソンはずっと喋れたのだ!

 

コラソンはナギナギの実の無音人間。

防音壁を張ると外部と音を遮断できる。

 

コラソンは兄の暴走を止めるためにファミリーにいると話す。

そしてローのことをDの名を持つ宿命の種族Dの一族だとも。

ある土地ではDの一族を神の天敵と呼ぶものもいるという。

仮に神を天竜人とすると、Dの一族の目的はこの世界の破壊かもしれない。

しかしそれはドフラミンゴが目指すものとは違い、神に対する思想があるはず。

 

コラソンはローを連れて二人だけで船を出した。

ローの病気を治すため。

そのことを当時の大将センゴクに連絡する。

コラソン(ロシナンテ)は海軍のエージェントだったのだ!

   


スポンサーリンク





 

コラソンはローを連れて沢山の大きな病院を回った。

どこの病院でも珀鉛病の知識がなく、追い返された。

そんなコラソンをローはいつしか尊敬するようになっていった。

 

ある朝、ドフラミンゴからコラソンに電話がかかって来た。

 

765話 運命の島ミニオン

 

ドフラミンゴの連絡は・・

海軍がある海賊からオペオペの実を買うらしいというのだ。

ドフラミンゴはこれを奪うつもり。

そしたらコラソンが食べれば、ローの病気を治す事が出来る。

 

これを聞いたコラソンは喜んでローに伝える。

ローに自分で食えという。

コラソンはもうファミリーには戻らないという。

自分がスパイだと、きっとドフラミンゴに気づかれているし。

 

コラソンはセンゴクに電話をしてドフラミンゴより先にオペオペの実を奪う計画を練る。

センゴクはコラソンとドンキホーテファミリーが落ち合う場所と時間を聞き、海軍で一網打尽にすると話す。

 

しかしこのタイミングでローの珀鉛病が悪化する。

ローが3週間持ちこたえることができるか・・

 

海軍と海賊の取引の3日前、コラソンは海軍もファミリーも出し抜いて、一人で海賊のアジトへ潜入。

オペオペの実を盗むも、外に飛び出したらそこは海だった。

あっけなくコラソンは海賊に捕まってしまう。

ローは病気で苦しみながらもコラソンの帰りを待つ。

 

766話 スマイル

 

コラソンは傷だらけになりながらもローの元へ戻って来た。

そして無理矢理ローにオペオペの実を食べさせた。

ローはコラソンの傷を治そうとするがうまくいかない。

 

コラソンはヴェルゴに捕まり、ドフラミンゴに裏切りの件を知られてしまった。

ドフラミンゴは裏切りを予想していて、すでにミニオン島に着いていた。

ドフラミンゴは島全体を糸で囲い、誰も島から出られないようにする。

コラソンは自分はもう助からないが、ローだけでも逃がそうとする。

 


スポンサーリンク