655話 パンクハザード

 

海が燃えている。

近くにある島で火山が噴火したのだ。

 


スポンサーリンク


 

電伝虫が緊急信号を受信してルフィが話す。

相手は仲間たちがサムライに斬られていくと言って助けを呼ぶ。

ルフィが相手の居場所を聞くとパンクハザードと答えた。

 

この電話をスモーカー中将が盗聴していた。

パンクハザードは4年前の事件以来封鎖された島で、生物が住める環境ではないが、向かう事に。

 

ルフィとゾロとロビンとウソップでミニメリー号に乗ってパンクハザードに上陸。

燃え盛る島に生息しているのは・・

巨大なドラゴン!!

ドラゴン
「何奴だ・・・」

しゃべるドラゴン!!

 

656話 燃える島の冒険

 

ドラゴン強い!

火を吐くし空を飛ぶ!

おまけに皮膚が固い!!

ドラゴン
「お前達も七武海の仲間か!!?」

 

ドラゴン、七武海に恨みでもあるのだろうか。

ドラゴンの頭に下駄を履いた人間が頭から刺さっている!!

 

ゾロが獅子歌歌でドラゴンの頭部をぶった切った!!

 

サニー号では全員が眠らされて船に何者かが乗り込んできた。

M(マスター)に捧げようと言っている。

 

ルフィたちはドラゴンの頭から人間を引き抜いてやった。

しかしその人間は下半身のみ。

そしてしゃべる!

目も耳もないので気配で周囲を察知している。

やっぱり七武海に対して怒っている。

 

ルフィはこの人間に興味津々。

   


スポンサーリンク





仲間になれと言って追いかける。

 

657話 生首

 

ルフィたちのいる火の島は、実は湖を挟んで反対側は氷におおわれていた!

そこに鳥人間が飛んできた!

 

ナミ、サンジ、チョッパー、フランキーは広い部屋に囚われている。

その部屋には首だけの侍がいる!

海賊が嫌いらしい。

そして息子を助けに来た。

部屋を出ると銃撃されて、別の部屋に逃げ込むとそこには大きな子供が沢山!

 

658話 ビスケットルーム

 

子供たちが囚われている部屋はビスケットルームと呼ばれている。

首だけ侍は子供たちにモモの助という男の子を知らないか聞く。

子供たちはナミに助けを求める。

ナミは子供を助けると言い出す。

サンジたちは追ってを蹴散らす!

 

Mは浮遊している液体のような感じ・・

 

ルフィたちの上空を飛んでいる鳥女がルフィたち4人を仕留めると電伝虫で報告している。

 

ウソップとブルックが電伝虫で話す。

ブルックが目覚めた時にはナミたち4人はいなかったという。

積み荷を盗もうしていた奴らはブルックがやっつけたらしい。

 

ブルックからは氷に覆われた施設が見える。

 

ルフィは下半身人間を自分の尻にくっつけて歩いている。

そしてキリン、ヒョウのケンタウロスを倒す。

 

スモーカー中将とたしぎが話している。

パンクハザードは4年前ベガパンクが実験を失敗して腐らせてしまった。

そして赤犬と青キジは二年前に天候を変えてしまうほどの大ゲンカをした。

 


スポンサーリンク