551話 四皇白ひげ

 

兵たちだけでなく、集まっていた記者たちも驚いた!

エースがゴールド・ロジャーの息子・・

 


スポンサーリンク


 

これこそが海軍がエースの処刑を決めた理由だった。

ゴールド・ロジャーの血を引き、次の海賊時代の頂点に立つ資質をもつものだから。

例え、白ひげとの全面戦争になろうとも!

 

正義の門が勝手に開いていく・・

そして現れたのは海賊船の大艦隊!

湾内に海底から浮かび上がって来たのは、モビー・ディック号!

白ひげ
「何十年ぶりだセンゴク!

おれの愛する息子は無事なんだろうな!!

ちょっと待ってな・・エース!!」

エース
「オヤジィ!!!」

552話 エースと白ひげ

 

イワンコフはルフィとエースの父親が違うことを知らなかった。

エースの父親の名を知って驚くイワンコフ。

 

白ひげが大気にひびを入れた!

爆発音がして、海が大きくうねる。

 

エースの半生が描かれる。

ルフィと別れてからはスペード海賊団として名をあげた。

そしてシャンクスに挨拶。

ジンベエと対決して・・

白ひげと戦って船に乗せてもらって・・

息子になって、ティーチを追って捕まった。

 

ティーチを追ったのは自分の医師だったが、白ひげと手下たちはエースを傷つけた奴は誰一人許さないと気勢を上げる。

   


スポンサーリンク





青キジはとんでもない奴呼び寄せたなあとため息。

 

何せ白ひげはグラグラの実の地震人間。

海軍本部に大津波が襲い掛かる!!

 

553話 頂上決戦

 

海軍本部に襲い掛かる津波を凍らせる青キジ!

そしてその氷を白ひげが叩き割る!

湾内が氷で埋め尽くされる!

海賊たちが氷を足場にして一斉に海軍向けて突進!

 

迎え撃つ中将たち。

そして、ミホークも刀を抜いた!

ミホークの斬撃を受け止めたのは3番隊隊長!!

ダイヤモンド・ジョズ!!!

 

続いて黄猿の攻撃!

八尺瓊曲玉!!

光の攻撃!

白ひげに向かっている!

この攻撃を防いだのは

1番隊隊長!!マルコ!!!

「いきなりキングは取れねえだろうよい。」

 

554話 大将赤犬

 

マルコの能力は

ロギア系よりさらに希少!

ゾオン系幻獣種!!

如何なる攻撃を受けても炎と共に再生する・・

不死鳥のマルコ!!

 

マルコの攻撃も黄猿は楽々受け止める。

 

そして次は海軍の巨人部隊!!

 

3番隊隊長ジョズが巨大な氷を巨人めがけて放り投げる!

それを赤犬の大噴火が消滅させた!!

 

白ひげ傘下の海賊、リトルオーズJr.が海軍に攻め込む!

エースの事は絶対にしなせないないと言っている。

 

迎え撃つドフラミンゴは嬉しそう。

「ウズいて来るぜ・・」

 
 


スポンサーリンク