379話 道力

 

ルッチたちCP94人が長官のスパンダムに報告。
 
8年前のウォーターセブンで起きた政府役人への暴行事件の罪人・カティ・フラム

20年前ウェストブルー、オハラで起きた海軍戦艦襲撃事件における罪人・ニコ・ロビン

二人を滞りなく連行完了

 


スポンサーリンク


 

ジャブラとルッチは仲悪そう・・・

 

フクロウは早速4人に仕掛ける!

六式遊戯!手合いっ!

 

そしてフクロウは4人の強さを暴く。

武器を持った一人の衛兵の強さを10道力として・・・

カリファ 630道力

ブルーノ 820道力

カク 2200道力

ルッチ 4000道力

因みに・・

ジャブラ 2180道力

クマドリ 810道力

フクロウ 800道力

スパンダム長官 9道力

 

スパンダムは4人の5年間に及ぶ任務をねぎらって・・

後で渡したい物があるという。

そして

「とりあえず・・・

会わしてくれ!!

全世界の希望に!!」

 

フランキーとニコ・ロビンがスパンダムの前に引っ張り出される。

 

スパンダムは世界平和のために働いているつもり。

自分たちの要求に従わない魚人も正義への謀反者呼ばわりする。

 

フランキーはスパンダムに噛み付く!!

トムさんが命を懸けて設計図を守ったのはてめえみたいなバカがいるから!!

 

クマドリがフランキーを抑え込む!

 

ルフィは暴れる!!

建物を破壊している!!

 

騒ぎは裁判所にいる裁判長、3つ首のバスカビルにも届いた。

3つの首がそれぞれ違う事を言う。

海軍の兵たちがそんな裁判長に指示を仰ぐ。

 

380話 エニエス・ロビー本当行きエクスプレス

 

裁判長バスカビルは本島前門でオイモが劣勢と聞いて法番隊100名を向かわせる!!

 

本島前門ではガレーラの3職人とフランキー一家が頑張ってオイモを拘束&門突破!!

 

エニエス・ロビー正門では、せっかく開けた門が閉められている!

仕方がないので方針変更!!

ヨコヅナが手前の鉄柵を前に倒して

それにロケットマン乗り上げて

ジャアアアアアンプ!!

正門を飛び越えた!!

そしてそのまま前門を飛び越えて・・

ぐるんぐるんになって倒れているオイモの背中に着地!!

フランキー一家やガレーラの職人たちが頑張って門を開けた意味なかった!!

 

ロケットマンはオイモがクッションになって無事着地!!

   


スポンサーリンク





 

パウリーは法番隊に肩を指されて負傷!

 

ゾロとサンジが姿を現した!!

 

381話 クビ

 

海軍の兵隊たちもゾロは知っている模様。

賞金がついていないサンジは無名・・・

 

ナミは完成版クリマタクトを使ってみる。

クールボールとヒートボールを発生させて・・

大気の水分を雲に変える!

今回のは使える!断然早い!

しかし雷が仲間の上に落ちちゃった!!

サンジとゾロは感電!!

でも大丈夫。

使えることはわかった。

なかなかの威力。

 

ビルが倒壊しているのでルフィがいる所はすぐにわかった。

ソドムに乗って麦わら一味は移動!!

パウリーはサンジたちに、ルッチたちはクビだと伝言を頼む。

フランキー一家はゴモラで移動!!

追いかけてくる法番隊の犬はパウリーがまとめてやっつけた!!

前門はパウリーが請け負った!!

 

382話 鬼の隠れ家

 

ソドム&ゴモラは強い!

敵兵を蹴散らして進む!!

サンジ
「快調だ。

コイツは心強い!!!

ルフィのとこまで頼むぞ!!

キングブル!!」

 

フランキーは縛られたまま倒れている。

ニコ・ロビンがスパンダムになぜ青キジがバスターコールを許可したのか聞くと、スパンダムは怒った!

ロビンを殴って、これから苦しみを味わわせて海に捨ててやると叫ぶ。

そしてさらに麦わら一味は監獄・インペルダウンに連行するという。

 

ロビンにしてみればそれは約束違反。

彼らの事は無事に逃がすはずだった。

 

スパンダムは、約束通りウォーターセブンを無事に出向させたと話す。

そしてここへ来た。

 

スパンダムはそもそも約束を守る気などなかったのだ。

 

ロビンは海楼石の錠で拘束されている。

カティ・フラムはインペルダウンへ。

ロビンは海軍本部へ連行される予定。

護送船の準備が出来次第正義の門をくぐって出航する。

 

ルッチは地位や権力には興味はないという。

求めるものは血。

ここにいると、ころしさえ正当化される。

レオパルドに変化するルッチ。
 
 

ルフィの快進撃は続いている。

最後の建物(司法の塔)の前まで来た。

でも道がない。

するとそこにブルーノがエアドアで現れた。

ルフィを見て、世界政府始まって以来前代未聞だという。

ここまで踏み込んできた男は。

  


スポンサーリンク