347話 六式

 

ルフィはロビンをやっと見つけた。

パウリーはルッチたちを見てビックリ。

 


スポンサーリンク


 

ルッチが説明する。

自分たちは政府の諜報部員。

長い訓練を重ねて人体を武器に匹敵させる武術六式を極めた。

強度は100人力。

ルッチは強い。

ルフィのガトリングも効かない。

ルフィはルッチたちと戦う事を決意。

ロビンになぜルッチたちといるのかを聞く。

 

ロビンの答え

私の願いをかなえるため。

あなた達と一緒にいても決してかなわない願を!!

 

ゾロが願いの内容を聞くが、ロビンは答えない。

 

CP9の仕掛けで、あと2分で屋敷は火に包まれるという。

ルフィはロビンが抜ける理由に納得できていない!

 

348話 戦闘力

 

ロビンは先に行ってしまう。

ルフィは追いかけようとするがブルーノが立ちはだかる!

体が鋼鉄のように固いうえに紙のようにペラペラにもなる。

超人的な脚力で空を蹴り、浮くことも出来て・・

鋭いケリは壁を斬ることもできる!

ルフィが手も足も出ない!

ゾロの相手はカクがするが、こちらもゾロは全く敵わない。

CP9の強さは物心ついたころから政府の為に命を使う覚悟と、人体の限界を超える訓練を受けてきた結果。

6つの超人的体技 六式を身につけたCP9にはルフィたちでも太刀打ちできない!!

桁違いの強さだ!!

 

そろそろ発火装置が作動する時間だが、ルッチは最後に面白いものを見せてやろうという・・

 

349話 一市民

 

本社が燃え始めた。

社長の部屋ではルッチが巨大は豹の姿になっていた。

ネコネコの実 モデルレオパルド(豹)

ルッチ
「鍛えれば鍛えるほどに力が増幅する。

迫撃において動物系こそが最強の種だ!!」

 

ルッチは蹴り(嵐脚)一発でビルを倒壊させる。

 

パウリーはアイスバーグを担いでビルから出ようとするが、けががひどくて無理・・

   


スポンサーリンク





ルフィはルッチをぶん殴るが逆に島の外までぶん投げられる。

ゾロもやはり島の外まで投げられる。

 

パウリーとアイスバーグは燃える社長の部屋で縛られていた。

 

ナミは落下して職人たちに捕まる。

 

海賊の発言は証拠にならない。

だからこれで事件は闇の中となってしまう・・・

アイスバーグがいかに優れた造船技師でも、大都市の市長でも・・

巨大な政府に盾ついた結果だった・・

4人のCP9は

もう一人のトムの弟子、フランキー・・

ではなくカティ・フラムが持っている設計図を奪いに行く。

 

350話 橋の下の倉庫

 

ココロばあさんとチムニーとゴンべがガレーラの本社が燃えている様子を見ながら話す。

嫌な予感が当たった。

あんなもんがこの世にあるからいけない・・

 

CP.9はフランキーを探して街を飛びまわる。

するとフランキーの手下たちを見つけた。

話している事を聞いていると橋の下倉庫にいるという。

ルッチが手下を締め上げて橋の下倉庫の場所をはかせる。

 

そのころ、橋の下倉庫ではフランキーとキウイ&モズがウソップの話を聞いて泣いていた。

イーストブルーから連れ添った仲間と船のために別れたことを悲しんでいるのだ。

ウソップは泣いていないが・・

フランキーが即興で歌を作って歌う。

仲間割れ北風チョップ

ウソップ
「お前らバカにしてんのか!!」

 

なんか、すっかり意気投合しているウソップとフランキー。

フランキーが実はいい奴だという事はわかった。

しかし2億べりーは使ってしまったという・・

でもルフィたちがフランキーハウスを全壊させたのでお互い様という事で。

 

メリー号は橋の下倉庫に運び込んである。

フランキーは直してどうするのかと聞く。

フランキーが見たところでもメリー号はもう再生不可能。

解体作業を手伝ってやると言い出す。

ウソップはまた怒り出す。
 

 


スポンサーリンク