295話 巨大豆蔓

 

さっきのエンジェル島を破壊した一撃で、天国の門も無くなってしまった。

もはや逃げることもできない島民たち。

 


スポンサーリンク


 

ゴッド・エネルは今度はさらに巨大な雷迎によってスカイピア全体を消すつもり。

ゴッド・エネルは遂に黄金の鐘を見つけた。

それは蔓のてっぺんの近くの雲の上にあった。

ゴッド・エネル
「素晴らしい・・

これをもって私は神として限りない大地へ到達しよう。」

 

一方ルフィとナミは大きな葉っぱにメッセージを書いて下に落とす。

ニコ・ロビンが読む。

「この巨大な蔓を西に切り倒せ。」

 

エネルが巨大な雷雲の球を作り始めた。

あれを落とされたらもう終わり。

 

ルフィとナミの作戦は・・

倒れかけた蔓を渡って舟まで飛ぶ!

ナミがウェイバーを操縦してルフィを舟まで届けるつもりなのだ!!

チャンスは一瞬で一度きり!!!

 

296話 最空局面

 

ゴッド・エネルは雷迎をどんどん大きくしていく。

早くしないと間に合わない!

ゾロが蔓を切るもまだ倒れない。

 

うわばみはセトやカルガラと鐘を鳴らした事を思い出し、泣きながら蔓に頭突き!!

かなりの衝撃を与えたがまだ倒れない。

 

ワイパーはルフィが下のノーランドの子孫のクリケットに鐘を聞かせようとしている事を聞いて、蔓に向かってリジェクトダイアルを放つ!

 

ついに蔓はメリメリと音を立てて傾きだした!

ナミとルフィはウェイバーで蔓を登っていく!

   


スポンサーリンク





 

それを見たゴッド・エネルは、舟に近づけないようにアッパーヤードを砕こうといって雷を落とす!

 

297話 大地讃称

 

ゴッド・エネルはアッパーヤードに集中砲火!

蔓を根元から沈める気だ!

 

雷が落ちる中、ワイパーは逃げない!

「大地は敗けない!!」

 

その通り、アッパーヤードは沈まなかった。

 

傾いた蔓からジャンプしたウェイバー!!

遂にルフィが方舟に迫る!

 

しかしルフィが飛び込んだのは巨大な雷雲の球・雷迎!

雷迎の中で右手の黄金の球を振り回す!!

雷迎が放電を始める!!

島民、ホワイトベレー、コニスは祈る。

神様、この国を守って・・・

ルフィ
「晴れろ!!」

 

298話 島の唄声

 

雷雲の塊が消えた!!

ワイパー
「鳴らせ麦わらァ!!

シャンドラの灯を!!」

 

ルフィ、最後の仕上げ!

ゴッド・エネルに向かって

「お前ごと鳴らしてやる!!」

 

ゴッド・エネルは最後の抵抗!

ルフィを電気で熱くなって槍で刺す。

ルフィは槍から体を抜いて・・

 

ゴムゴムのォ・・・・

黄金回転弾!!

 

右手の黄金が回転しながら方舟を貫いた!!

そして黄金の鐘を鳴らした!!

 

カラァーン

 

ルフィ
(おっさん聞こえるか?

黄金郷はあったぞ!!

400年間ずっと

黄金郷は空にあたんだ!!)

 

ゴッド・エネルは方舟と一緒に崩壊!!

 
 


スポンサーリンク