271話 ゾロVSオーム

 

うわばみの腹の中で暴れるルフィたち。

うわばみはくすぐったくてつらそう・・・

 


スポンサーリンク


 

ワイパーがうわばみを仕留めようとするが、うわばみは上手くよける。

 

ゾロはオームの伸びる剣にやや苦戦中。

オームは鉄の壁で剣を防ぎ、ゾロの心を読んで攻撃してくるのだ!

しかしゾロは三世108煩悩三刀流108煩悩鳳!!

そ炸裂させた!!

 

272話 戯曲

 

古代都市シャンドラの中で、ニコ・ロビンはポーネグリフを見つけた。

この文字を扱えるのは歴史の本文を造った人々の他にいないはず。

ここには黄金の大きな鐘があるとノーランドの日誌にあった。

町の書物の類は全て燃やされていた・・

ということは、この都市にはポーネグリフが運び込まれている!

間違いない!

黄金都市シャンドラは、ポーネグリフを守る為に戦って滅んだのだ!

 

黄金の鐘を収めていたはずの大鐘楼がない・・

黄金の鐘の鐘楼と一緒にあったのだとしたら、ポーネグリフは望めない。

 

ニコ・ロビン
(こんなにも栄華を極めた都市が・・

なおも守ろうとした歴史・・・

過去、世界に何が起きたというの?)

 

トロッコの跡がある。

何かを運び出した?

 

そのとき、ゴッド・エネルが現れた。

黄金は全て運び出したという。

しかし黄金の鐘のことは知らない様子。

ニコ・ロビンが黄金の鐘を収める大鐘楼のことを話すと

ゴッド・エネルが、それは空に来ていると言い出した。

400年前、このアッパーヤード壇上と共に大きく鐘の音が国中に響いた。

その鐘が黄金で出来ていたのだろうとゴッド・エネルがいう。

 

ゴッド・エネルは、ゲームが終わったら国中を探してみると話す。

 

ニコ・ロビンはポーネグリフもあるのではと希望を持つ。

 

コニス親子が神隊の一人を見つける。

その者はエネルが

空に住む一切の人間を消し去るつもりだと話す!

そして自らは方舟マクシムで逃れるつもりだと。

   


スポンサーリンク





この者は6年間その空飛ぶ舟を造らされていたのだった。

それを言い終わった時に天から雷がその者を直撃した。

 

オームを倒したゾロにホーリーが飛びかかる。

ゾロが待て!というと、ホーリーは大人しく待った。

誰の言う事も聞く犬なのだ。

ゾロが頭打って気絶しろというと、ホーリーは頭打って気絶した。

後のこすはうわばみとワイパーのみ!

 

この時、天から巨大な稲妻が落ちて、ゾロたちのいる所の地盤が砕けて下に落ちた!

ゴッド・エネルがシャンドラへ招待したのだ!

ゴッド・エネル
「ヤハハハハ!!

フィナーレといこうじゃあないか!!!」

 

273話 五重奏

 

ゾロが落ちる、ワイパーが落ちる、うわばみが落ちる!

落ちる途中でナミとガンフォールはうわばみから脱出!

取り残されたルフィとアイサをピエールが助けに戻る!

 

ピエールは自分の故郷、シャンドラを見て感動する。

うわばみも嬉し涙を流す。

それを見たゴッド・エネルがうわばみに雷を落とした!

 

現在この場にいるのは6人。

ゴッド・エネルは5人と予想したので1人消さなくてはというが、

ゾロたち5人はゴッド・エネルを指さして

「お前が消えろ。」

 

274話 聖譚曲

 

スカイピアは青海(地上)へ落とされる!!

それを伝えにコニスはエンジェル島へ急ぐ!!

 

空島で生まれたゴッド・エネルだが、地上へ帰るという。

全ての人間を空から引きずりおろしてやる・・・

 

ゴッド・エネルは神隊を全員手にかけたと話す。

そしてガンフォールに2000万ボルトの雷を落とした!

 

生き残った4人(ニコ・ロビン、ゾロ、ナミ、ワイパー)を選ばれた優秀なものとしてこれから建国する限りない大地へ連れて行くという。

 

ニコ・ロビンが、むやみにこの国を破壊しては黄金の鐘も落としてしまうと言うと・・

ゴッド・エネルはすでに黄金の鐘がある場所は見当がついているという。

打算的な女は嫌いだと言ってゴッド・エネルはニコ・ロビンにも雷を落とした!!

 

 


スポンサーリンク