215話 Last waltz

 

今日はビビの立志式。

民衆の前でスピーチするためにビビは正装している。

そして演説の前に父親とイガラムに大切な話を始める。

 


スポンサーリンク


 

ルフィたちの乗ってるメリー号はピンチ!

海軍の船8隻の総攻撃を受けて今にも沈みそう。

するとボンクレー達がルフィ一行のものまねをしてあひる船に乗り込んで攪乱!

海軍があひる船を追う間にルフィたちのメリー号はビビの待つ港を目指す!

216話 ビビの冒険

 

立志式でビビの演説が始まった。

ルフィたちはビビと約束した東の港・タマリスクに寄港して演説を聞く。

 

ビビの話は冒険の話。

海賊といっしょにいたことは言えないので、その辺はぼかしているが・・

いい仲間に出会えて危険な冒険を乗り切れたと話す。

 

ルフィはビビが乗り込んでくるのを待っている・・

その時、ビビが港に現れた!

宮殿ではイガラムがビビの変装をして壇上に立っていた。

 

マイクを持ってビビは演説を続ける。

「みんな!!

冒険はまだしたいけど、私はやっぱりこの国を愛してるから!!

だから行けません!!」

 

ルフィたちもビビの思いを聞けて頷いている。

 

ビビは大泣きしながら続ける。

「いつかまた会えたら!!

もう一度仲間と呼んでくれますか!!!?」

 

ルフィは返事をしようとするがナミに止められる。

海軍が見ているので、ここで返事をしてしまうとビビと海賊の繋がりがわかってしまい、ビビは罪人になるから。

背を向けて黙って去って行くルフィたち。

 

悲しげにその姿を港から見送るビビ。

とその時!

ルフィたち全員は背中を向けたまま左手を高々と上げた!

その腕にはボンクレーの変装対策で付けた仲間の印

×

が書かれていた!!

 

ビビの泣き顔が笑顔になる。

これから何があっても、左手のこれが・・・

仲間の印だ!!

 

ゴーイング・メリー号は港を出て行った・・・

   


スポンサーリンク





217話 密航者

 

ヒナがスモーカーに怒っている。

麦わらが逃げて随分嬉しそう・・

 

アルバーナでは、ビビの演説が凄く評判が良かった。

皆頑張って国を復興させていく。

チャカはペルがしんでしまったことをまだ受け入れられずにいる・・・

 

ルフィの懸賞金が1億

ゾロの懸賞金が6000万になった。

ゾロはウィスキーピークで賞金稼ぎの100人斬り

アルバーナでダズ・ボーネスを討ち取った。

ダズ・ボーネスとは、Mr.1のこと。

 

メリー号ではビビが来なかったことでみんな寂しがっていた。

そこにニコ・ロビンが現れた!

 

ルフィには覚えがないのだが、ルフィから堪えがたい仕打ちを受けたという。

「責任取ってね。」

 

ルフィがどうしてほしいのかと聞くと、仲間に入れてほしいという。

 

218話 ログポースが丸い理由

 

ニコ・ロビンはクロコダイルに嘘をついた。

ポーネグリフにはアラバスタの歴史など刻まれておらず、兵器のすべてが記してあった。

 

ニコ・ロビンは国や人に興味がないという。

求めているのはリオ・ポーネグリフ(真の歴史の本文)

世界中に点在するポーネグリフの中で唯一真の歴史を語る石。

20年探し続けてここが最後の希望だった。

 

希望をなくしたニコ・ロビンはがれきに埋もれてしぬつもりだった。

しかしルフィが国王とニコ・ロビンを担いで地上に戻った。

 

しぬことを望んでいたニコ・ロビンを助けた・・

それがルフィの罪。

 

ルフィはニコ・ロビンを仲間に加えてあげる。

ナミは反対したが、宝石をもらってあっさり承諾。

 

メリー号はログに従って順調に航行していたが・・

急に上空から巨大なガレオン船がふって来た。

 

メリー号の近くに落ちたので波でメリー号は大変なことに。

 

落ち着いたところでナミがログポースを見ると針が上を向いている。

ニコ・ロビンは、空島にログを奪われたのだという。

 


スポンサーリンク