ルフィがヘルメッポを殴った。

周囲は騒然となる。


スポンサーリンク


父親のモーガン大佐が黙ってないぞ・・

ヘルメッポも親父に言いつけてやる!

と捨て台詞を履いて去って行った。

 

ルフィはゾロのもとへ。

ゾロを仲間にするつもり。

しかしゾロは海賊になるつもりはないという。

自分のやりたいことをやる。

ゾロが言うのはいつもそれ。

 

ゾロは刀が使えると聞いた。

だが今はヘルメッポに取られて持っていないという。

ルフィはとって来てやると約束する。

そして自分から刀を返してほしければ仲間になれと交渉する。

   


スポンサーリンク





 

ルフィは基地内に侵入。

その時丁度海軍大佐斧手のモーガンが自分の巨大な像を建立している最中だった。

しかしそれをルフィが倒して壊してしまう。

ルフィはごめんなさいと謝るが大差の怒りは収まらない。

しかしルフィは大佐には用はない。

ヘルメッポに刀を返してもらうためにヘルメッポを連れて本館へ入る。

 

一方その頃

ルフィに感化されたコビーはゾロの縄をほどこうとしていた。

しかし基地の見張りに見つかって狙撃されてしまう。

 

ルフィはゾロの刀の場所までヘルメッポに案内させる。

 


スポンサーリンク