禁断過激に新章スタート!

 

夏生が所属する演劇サークルは新入生勧誘公演の準備で大忙し。

脚本担当を降りた夏生は雑用係のように何でもこなす!!

 


スポンサーリンク


 

そんな夏生を芹沢がじっと見ている。

 

「何物欲しげな顔しちゃってんの。」

と寧々が芹沢に声をかける。

 

ドメスティックな彼女218話寧々と芹沢

 

寧々は夏生が彼女とうまく行っていないことを見抜いていた。

夏生がいつもしていた腕時計も月のチャームのブレスっぽいのも最近していないから。

 

さすがに目ざとい寧々。

 

寧々は芹沢はに

「ひょっとしてこれは略奪チャーンスなんじゃない?」

と囁く。

落とすにはタイミングが重要。

 

芹沢もその気になった。

彼女と何があったか知らないけど、今の藤井君を支えられるのは自分。

この機を逃す手はない!?

と考える。

 

ドメスティックな彼女218話芹沢

 

 

夜、夏生がコタツでうたた寝していると・・・

フミヤが訪ねて来た。

前に約束した合コンセッティングの話を夏生に催促しに来たのだ!

全く気乗りしない夏生だが・・

フミヤが夏生の頭を噛んで承諾させる。

 

 

そして後日、イタリアンバイキングのお店で合コンは開催された。

メンバーは、

夏生、フミヤ、フミヤの大学の友達。

そして夏生の隣人の葉月かすみとその友達二人。

 

ドメスティックな彼女218話合コン

 

大人っぽい方はかすみのバイト先の総菜屋の常連さん。

名前は小椋海咲(みさき)、年齢は夏生たちの二つ上。

 

フミヤが東大生で、将来は弁護士を目指していると聞いてかすみは喰いつく!

 

フミヤの友達は素朴な子と出身地が同じ(茨城)で話が盛り上がる!

 

となると海咲と夏生という事になるのだが・・

全く乗り気じゃない夏生はろくに自己紹介もしない。

でも海咲はそんな夏生に興味を持った!?

 

料理を取りに行った夏生に近づいて

「つまんない?」

と声をかけた。

 

夏生はこういうのはあまり好きじゃないし

「ぶっちゃけ早く帰りたいスね・・」

   


スポンサーリンク





というと、海咲は ふふっ正直だね と笑って言った。

「じゃあさ、二人で抜け出しちゃう?」

と夏生の耳元で囁く海咲。

 

ドメスティックな彼女218話夏生と海咲

 

夏生はハッとする。

これは・・・

ルイと初めて会った時と同じ状況!

ルイの顔が目に浮かぶ夏生・・・

 

夏生が固まっていると、海咲は

「なーんてね。」

と言って夏生の肩を叩き、席に戻っていった・・・

 

食事の後は・・・

みんなでカラオケに行こうと盛り上がるが、夏生だけは先に帰って行った。

 

夏生がしばらく歩いたところで、後ろから

「夏生君。」

と声をかけられたので振り向くと、海咲が立っていた。

これからどこかにのみに行こうと夏生を誘う。

 

夏生は酒は飲めないと言って取り合わない。

海咲はお酒じゃなくてもいい、ちょっと付き合って。

と食い下がる。

 

夏生は無視して改札を通り、電車に乗る。

その間も海咲はずっと

「ちょっとだけ。」

と言いながらついてくる。

 

ドメスティックな彼女218話夏生と海咲

 

電車を降りて駅を出てしばらく歩いたところでようやく海咲の姿が見えなくなった。

(やっと巻いたか・・・)

と一息ついたところで

「ちぃーっす。」

と海咲がガードレールにもたれて声をかける。

ダッシュで先回りしていたらしい。

 

ドメスティックな彼女218話海咲

 

夏生はあきれ顔でなんでそんなに自分に構うのかと聞くと、

海咲は

「あたしと同じ匂いがするから。」

と答えた。

 

 

感想

 

なんと、新キャラ登場!

というか新章突入!。

まだまだ続きますね!

 

海咲さん、いいキャラじゃないですか!

年上で、ちょいワルな感じで・・・

出会ってすぐの頃の樹里(梅田百合)に雰囲気が似てる?

似てないか。

今までにいなかったタイプで新鮮味が出ました!!

海咲さんは夏生をどう料理するのでしょうか。

それに夏生が自分と同じ匂いって・・・

もしかして物書き?

ならむしろ桃源先生と同じ匂いがするかも!

海咲さんのプロフィールも非常に楽しみです!

 


スポンサーリンク