陽太がついに窓をぶち破った!!

そしてそこから見えた光景は・・・

荒廃した地球!

 


スポンサーリンク


 

陽太が開かないようにしておいたドアを破ってバニーユたちガーディアンが入って来た!

陽太が

ここ、地球なんだな

と確認すると、カヅチは 昔はそう呼んでいた

と答えた。

カヅチがアマネ(眼帯の方)に陽太を拘束するように言う。

 

パラレルパラダイス71話カヅチとアマネ

 

そこに伝令が来て、

ミースの街のパラディンを名乗るものが砂の壁の前に現れたと報告する。

カヅチが
「ルーミか?」

と反応。

陽太に緊張が走る!

 

砂の壁の前でルーミが陽太の名を叫ぶ。

聞こえるはずはないが、叫び続けるルーミ・・・

 

しかし陽太にはルーミの声が聞こえていた。

陽太はブチ破った窓を乗り越えてルーミのもとへ行こうとする。

しかし地面からだいぶ高さがある。

もし落ちたら無事では済まない。

 

パラレルパラダイス71話陽太

 

陽太は窓枠に足を掛けながら降りていく。

絶対に落ちるわけにはいかない。

死んだらもうここへは戻れないのだから。

 

   


スポンサーリンク





しかし!

陽太は足を滑らせて落下!

 

やっちまった!

 

陽太がそう思った瞬間!

アマネがジャンプして陽太の襟首をつかんだ!

そして刀を壁に突き刺して落下速度を遅らせる!

 

パラレルパラダイス71話陽太とアマネ

 

何とか陽太はケガをせずに済んだ・・・

 

バニーユはカヅチに、甲計画はやめようと提案する。

「私達は男のことを知らなすぎる。」

カヅチもそう思っていたという。

丙計画でいくことにする。

 

バニーユとカヅチはモニターでルーミたちを確認する。

カヅチは放っておくと言うが・・・

マヤを見て驚く。

言い伝えにそっくり。

ついに現れたのか?

銀髪の魔女・・・

ガリア・・!!

 

パラレルパラダイス71話マヤ

 

感想

 

マヤがガリアだったとは!

これは盲点でした。

気づく人は気づいていたでしょうが・・

じゃあ屋根の上からルーミたちを見ていたあの長髪の黒い影は誰だったのか?

あれがガリアだと思ってしまいました・・・

 

それにしてもこの場所は地球で確定ですか。

どれくらい先の未来でしょう。

コンクリートの建造物がまだ形を残しているからそれほど先でもないのかな。

 


スポンサーリンク