草薙の右上手

鬼丸の右下手!

互いに力が入る形で胸があった!!

 


スポンサーリンク


 

鬼丸が素早く俵から離れて体勢を整え、両者中央へ。

 

目には見えぬ両者の攻防!

 

火ノ丸相撲223話火ノ丸と草薙

 

しかしこの膠着はすぐに終わる。

鬼丸の右下手はいつものように力なく、草薙に切られてしまう。

 

草薙が寄る!!

鬼丸は土俵際で何とかこらえる!!

 

チヒロは舌打ちする。

鬼車が撃てないと互角には戦えない。

そこから派生する技も使えないから。

だからこそ廻しを引かずに戦う術を磨いてきたのだが・・・

 

刃皇は

右の下手を使えよ

と呟く。

刃皇はわかっているのだ。

もう使えるはずだと。

あとは鬼丸の心次第・・

 

それは蟹江医師もかつて言っていた。

鬼丸が右下手投げを打てないのは精神的なもの。

イップスのようなものだと。

イップスは恐ろしい。

未だはっきりした原因もわからず、明確な治療法も確立されていない。

これで引退に追い込まれるプロアスリートもいる。

克服するには一人一人に見合った治療法を見つけて長い期間をかけて向き合わなくてはならない。

火ノ丸のようにセンスでやって来たのもは尚更大変。

 

土俵上の鬼丸は、皆の力でここまで来れたと思っている。

それならば・・

自分はどうするのだ!!

 

鬼丸は再び右下手を引いた!!

 

   


スポンサーリンク





大和国は人をやめて神となった。

刃皇は人を謳歌して神になる。

なら自分は。

小さいのも、大きいのも自分。

(小さく、強いこの体をワシは・・

ワシはワシを謳歌する!!)

 

鬼丸は草薙の右上手投げを堪えた!!

 

火ノ丸の体があの頃を思い出した!!

ダチ高相撲部で仲間たちと目いっぱい相撲を楽しんでいた時のことを!!

 

鬼丸は勝負を楽しむ!!

そんな鬼丸を見るレイナの表情もどこか嬉しそう。

 

いつしか草薙の顔も、鬼丸の顔も高校時代に戻っていた・・・

 

この時だった。

鬼丸が右下手を繰り出しのは・・・

 

正調

右下手投げ

鬼車

 

草薙はこの潮火ノ丸をずっと待っていたのだった・・・

 

火ノ丸相撲223話正調鬼車

 

感想・

 

ついに鬼丸の右下手が復活!!

いい感じで集中できていると思っていました。

ダチ高メンバーや柴木山親方たちの思い。

そして戦っている相手である草薙ですら鬼丸の復活を心から願っていました。

そしてやっと、鬼丸の心がケガをした時のショックを乗り越えてくれた・・・

蟹江医師の

もう二度と同じ様には投げられないと思え

と言う言葉は重かったけど、ようやくここまで辿り着けました。

 

この鬼車はどうでしょう。

勝負という点では結構微妙ですね。

どちらが勝つか、もしくは同体か・・・

新年を待たなくてはなりません・・・

 


スポンサーリンク