ヒナが小6のときの稀咲について話す。

全国模試で1位を取るような、塾で一番勉強のできる子だった。


スポンサーリンク


でも無口で、みんなからは避けられていた。

 

東京卍リベンジャーズ89話稀咲

 

ただヒナだけは気軽に声をかけ、家が近かったということもあってよく一緒に帰っていたという。

 

中学になってからは稀咲が私立に行ったので知らないという。

タケミチが今稀咲はトーマンの隊長だと言うとヒナは驚く。

でも、稀咲とタケミチは合いそうだという。

両方共ぶっきらぼうだけどいい人だから。

 

タケミチは驚く。

いい人なわけない。

ヒナを殺す極悪非道な奴。

それが今の稀咲だから。

 

タケミチは自分が稀咲とどうやって会ったのか聞く。

ヒナはあまり話したくないと言いながらも話し始める。

 

小6の夏、塾の帰り道。

稀咲とヒナは一緒に帰っていた。

公園で中学生3人が猫をいじめているのを見て、ヒナは文句を言いにいった。

稀咲は隠れて見ている。

 
 

案の定、ヒナは囲まれて泣き出した。

東京卍リベンジャーズ89話橘日向

 

そこにタケミチがマントを付けたヒーローの格好をして登場!

中学生に飛び蹴りを食らわせたあとに

正義の味方参上!

とやった!!

 

   


スポンサーリンク





東京卍リベンジャーズ89話タケミチ

 

しかしタケミチは震えている。

震えながらも中学生に殴りかかる!!

当然返り討ちにあってボコボコにされてしまうが・・・

 

中学生が帰ったあと、タケミチとヒナは泣いていた。

タケミチはヒナに

後先考えねぇでこんな事するなと言って帰っていった。

名前も言わずに。

 

そこまで聞いて、タケミチは全く覚えていなかった。

でも、助けに来ておいてボコられるってダサすぎ!

と言って下を向いてしまう。

 

でも、ヒナは負けるとわかってて助けに来てくれたタケミチがかっこよかったという。

勝てる人より100倍すごい。

 

ヒナはそんなタケミチのことを好きになったという。

 

東京卍リベンジャーズ89話橘日向

 

タケミチの心臓は高鳴る。

そして目には涙。

そんなに昔から・・・

好きでいてくれた・・

 

感想

 

ヒナがタケミチを好きになった経緯も良かったですが、

稀咲の変わりようにビビりました。

全国模試で1位は半端ない!!

私立の中学校だって間違いなく超絶な進学校でしょう。

それがどうして不良になったのか・・・

そのへんのお話は次回あるのでしょうか。

 

稀咲が 涙を流しながら言った

「じゃあな・・・

オレのヒーロー。」

という言葉は今回のエピソードが元になっているのかな。


スポンサーリンク